第23回 日本放射光学会奨励賞


山下 恵太郎 会員 (YAMASHITA Keitaro)

東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻

高難度タンパク質微小結晶試料から迅速に構造決定を行うシステムの開発

  山下氏は、SPring-8の高輝度放射光を活用して高難度タンパク質(結晶化の難度が高いタンパク質)の大量の微小結晶から迅速・高精度に構造決定を行なう全自動システムを開発し、構造生命科学分野の発展に対して非常にインパクトの高い業績をあげている。タンパク質のX線結晶構造解析において、膜タンパク質などの高難度試料では大きな結晶を作成するのは難しく、10ミクロンに満たない数十~数百個の微小結晶から集めた大量のデータを併合して解析を行なうことになるが、測定から解析までをこれまで同様に手動で行なうことは効率面・精度面から問題があった。山下氏は第1に、マウントされた視認するのは困難な多数の微小結晶の位置を正確に同定するソフトウェアSHIKAを開発した。第2に、収集した大量のデータを高精度かつ全自動で解析するためのストラテジーを独自に提唱し、既存のプログラムパッケージを適切な順序とパラメータで組み合わせて実行することで氏の提唱するストラテジーを実現するソフトウェアKAMOを開発した。この結果、既存のシステムと組み合わせて、大量の微小結晶を用いた迅速・高精度な全自動測定解析システムを完成させた。さらに山下氏は同システムを利用して、創薬ターゲットとなる膜タンパク質を始めとする重要な分子の構造解析を多数成功させると共に、その経験に基づきSACLA/SPring-8におけるシリアル結晶学の技術開発にも応用し、多数の成果を発表して国際的にも高く評価されている。
  以上により、山下恵太郎氏の業績は本学会奨励賞に相応しいものと認められた。

日本放射光学会
会長 小杉信博

2019年 1月