功労報賞

日本放射光学会では、個人の放射光利用技術・支援の永年に渡る功に報いて、功労報賞を授与しています。
・日本放射光学会功労報賞内規(2018年10月27日評議員会改定)


第1回 2014年 浅利 桂一 氏 神津精機株式会社
  藤澤 正美 氏 東京大学物性研究所
第2回 2015年 三國 晃 氏 (株)つくば研究開発支援機構
第3回 2016年 該当者なし  
第4回 2017年 該当者なし  
第5回 2018年 該当者なし  
第6回 2019年 該当者なし  
第7回 2020年 小山 篤 氏 高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所放射光実験施設
  堀米 利夫 氏 自然科学研究機構分子科学研究所極端紫外光研究施設
第8回 2021年 有田 将司 氏 広島大学技術センター(共通機器部門共通利用機器管理班)